【高評価】美容師が厳選する評価の高いシャンプー15選!正しいシャンプーの方法も

アシスタント
今、売れているシャンプーとは?
新商品が続々と登場するシャンプー、今人気の商品はいったい何でしょうか。髪の毛のプロである美容師たちに愛用されている商品も気になります。そしてシャンプーの特徴をもっとも引き出す洗い方や乾かし方まで説明します。これを読んでシャンプー選びや洗い方の見直しなどに役立ててみてください。
 

監修美容師

  • 熊倉祐介

市販で評価の高いシャンプー5選

まずは市販で評価の高いシャンプー5選から見ていきましょう。
市販のシャンプーはメディア露出が多い分、ご存じの商品も多いかとおもいますが、その中でも成分にこだわった高評価の商品を厳選しました!
選定基準は、

  • アミノ酸系洗浄成分
  • ノンシリコンシャンプー
  • コストパフォーマンスの良さ

となってます!

 

(1)ボタニスト

メーカー ボタニスト
価格/内容量 1,512円/490ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 根元のボリュームを抑えたい方、髪がまとまりにくい方、ダメージヘアでパサつきが気になる方向け。

清潔感のある白いパッケージに「BOTANIST(ボタニスト)」のマークで知られる製品です。標準的な商品は490ミリリットルの内容量のボタニカルスカルプシャンプーでしょう。詰替え用は440ミリリットルとなっています。この商品の特徴は植物由来の原料にこだわっているところです。シャンプーやボディーソープに使われている水はクリーンなものを用意し、界面活性剤は肌に優しいものを選択、ヤシやアボカドといったこだわりの植物成分でまとめました。
 
公式ページはこちら

 
 

(2)アロマキフィ オーガニック シャンプー モイストシャイン

メーカー ビジナル
価格/内容量 1512円/480ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 世界基準に則った独自のオーガニックコスメ規格。本格オーガニック処方。

世界基準に則った独自規格のオーガニック成分を使用しており、シリコン、高級アルコール系洗浄成分不使用ですし、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料、動物性原料も使っていないため、髪への刺激が少なく、傷んでいる髪を補修することができます。加えて、サロン品質のシャンプー/トリートメントは300mlで3,000~4,000円ほどの価格帯が多く、質の高い成分を使っている分、毎日使う消耗品としては高い印象ですが、アロマキフィオーガニックは480mlで1,512円と同等の品質を誇る商品と比べコストパフォーマンスが高いです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(3)レヴール フレッシュール モイスト シャンプー

メーカー ジャパンゲートウェイ
価格/内容量 1299円/500ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 17種の天然由来植物成分を配合したノンシリコンシャンプー

鮮やかな紫色の包装が目を引くのが「レヴール」です。この容器には世界初のテクノロジーが使用されていることはあまり知られていません。実は容器は真空パック包装となっており酸化防止が施されています。お風呂場のような湿気の高い場所では酸化が懸念されますが、外の空気をシャットアウトすることでいつでも鮮度はそのままで使用することができます。気になる成分には生花や花蜂蜜、各種ビタミン、浸透性のアミノ酸が使われていますが、実はこうした成分は酸化しやすいとされていました。容器の革新技術により髪にとって本当に必要なものを配合することができています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(4)KOSE ジュレーム リラックス シャンプー(ストレート&スリーク)

メーカー コーセー
価格/内容量 972円/500ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 うねって広がりがちな髪のキューティクルを保護し、毛先まで軽やかなまとまり髪へ

人気アイドルを広告塔にして、メディアで見ることも多いコーセーの商品、ジュレームはそのシンボル的なプロダクトです。髪質に合わせてピンク、ゴールド、そして赤みがかかっているピンクの3パターンが用意されています。うねる髪質ならばベタイン系の洗浄成分配合のストレート&スリークがおすすめです。硬質の髪の毛ならばアミノ酸系のソフト&モイストタイプが良いでしょう。柔らかいタイプならばタウリン系のエアリー&スムースという選択肢があります。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(5)いち髪 ふんわりさらさらケア シャンプー

メーカー クラシエ
価格/内容量 754円/480ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 ダメージ補修はもちろんのこと、髪を本質から守り、使うたび、傷みにくい髪へ ふんわりさらさら

クラシエからは「いち髪」を選んでみました。日本には「一髪二姿(いちかみ・にすがた」」という諺があります。これはまず髪を大切にすることで、その人の姿が引き出されるという意味になっており、いち髪のコンセプトにもなっています。成分には日本古来の和草を選択しました。最新の技術で抽出した純和草エキスです。この成分によって髪と地肌に潤いが生まれ、乾燥や摩擦から守ってくれます。他にも紫玄米や柘榴(ざくろ)、桜、椿といった補修成分をたっぷりと配合しました。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

美容師の評価が高いシャンプー5選

続いては、美容師さんの評価が高く、サロンでも実際に使われている高品質のシャンプーを厳選しました!
選定基準は、

      

  • サロン向け高品質シャンプー
  • こだわりの成分による独自の効果
  • もちろん頭皮にやさしい処方

となってます!

(1)コタ アイ ケア シャンプー&トリートメント 7

メーカー コタ
価格/内容量 3564円/シャンプー80ml,トリートメント80g
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 髪の広がりを抑え、柔らかくしっとり洗い上げるシャンプー

細長いパッケージと美しい白のデザインが目を引く コタの商品です。時を越えて美しい髪が持続することを目指した製品で、ラインナップには1から9まで奇数順に並んでいます。なかでも人気なのは7番でしょう。フルーティーローズブーケの香りが特徴の製品です。成分にはセンティフォリアの花と緑茶のエキスが配合されており保湿効果が期待されます。髪質としては硬めの髪に適しており、しっとりと柔らかな肌さわりに変えてくれます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(2)Gallica モイスト シャンプー

メーカー ガリカ
価格/内容量 2480円/300ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 高級成分ヘマチンを多量に配合することで、色持ちを良くし、カラー・パーマによるダメージを軽減

Gallica(ガリカ)は黒いボトルが目印の商品です。表参道の人気美容室のオーナーが作ったことで話題となりました。ここの美容室はトリートメントをせず、カットだけで完了するという珍しいスタイルです。髪の毛のダメージを極力抑えるための工夫は製品にも現れており、色落ちの防止や高い補修効果、紫外線対策、そしてジャスミンとリリーのほのかな香りなど、こだわりが随所に見られます。ベビーシャンプーにも使用される植物由来原料を配合しているのでアレルギー反応を起こしにくく、安全なシャンプーです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(3)フィヨーレ Fプロテクトシャンプー ベーシック

メーカー フィヨーレ
価格/内容量 1199円/300ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 確かなダメージケア効果で、カラー・パーマのフォルムを長時間キープ。

フィヨーレの製品は髪質に合わせて4種類の商品をセレクトできます。最も標準的で誰にでも合わせやすいのはベーシックタイプでしょう。300mlと1000ml、そしてリフィルタイプがラインナップされています。特徴としてはメドウフォームラクトンという北アメリカ原産の原料が使われています。これにより高い補修効果と多彩なテクスチャ効果が実現しました。成分にはガゴメエキスやバウンシー成分なども配合されています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(4)イオセラム クレンジング

メーカー ルベル
価格/内容量 1829円/200ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 クリーミーなコクのある泡でやさしく地肌と髪を洗い上げ、根元から素直な髪に

イオシリーズのセラムは癖毛が気になる人の頼れるサポートとして人気のクレンジングです。コクのあるクリーミーな泡立ちが特徴で、優しく髪を洗い上げます。香りは花々の香りで透明感がポイントです。ほのかに林檎やカシスの爽やかな香りもブレンドされています。美容師の愛用者も多く、毎日のシャンプーが楽しいという言葉も聞かれる製品です。シリコーンフリーの商品は200mlで2000円と少し高価ですが、リピーターも多くヒットしている商品と言えます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(5)ルベル ナチュラルヘアソープ SW

メーカー ルベル
価格/内容量 2400円/720ml
洗浄成分(界面活性剤) 石けん系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 フローラルマリンの香りの香りは、海辺の香りをイメージしており、傷んだ髪の方にオススメ

緑のボトルが目印の商品です。その色からも分かる通り、この商品のコンセプトはシーウィードと呼ばれる海藻です。褐藻がなめらかさを、大豆とカミツレが潤いを与え、母なる海の原料たちで髪の毛にいっぱいの栄養を与えます。そのため適しているのは少し傷んだ髪です。ルベルには6つのプロダクトがありますが、ラインナップのなかでは最も補修効果の高い商品となっています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

評価が高いメンズシャンプー5選

最後に、メンズ向けシャンプーの中で評価の高い商品を厳選しました!
男性特有の悩みに対応したシャンプーなのでぜひ参考にしてください。
選定基準は、

      

  • 男性特有のオイリーな頭皮に対応
  • 頭皮のニオイを抑制することができる
  • 爽快感のある洗いあがり

となってます!

(1)スカルプD スカルプシャンプー オイリー

メーカー アンファー
価格/内容量 3900円/350ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 頭皮環境を整え、ハリコシのある髪に導く

薄毛対策に定評があるスカルプD、薬用のものとしては最も高い知名度と実績を持っているでしょう。9年連続でシェア第一位を記録しました。このほどパッケージを一新してシルバーを基調とするスタイリッシュなデザインとなりました。オイリーは赤が目印の商品です。オイリーの名前からも分かる通り、油分の多い皮脂に悩む男性向けの商品で天然の精油が用いられており、アミノ酸系界面活性剤をブレンドしています。また豆乳発酵液が入っており、無添加でヘアに優しい商品です。頭皮にハリとコシを与えてくれます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(2)マーロ 薬用デオスカルプシャンプー

メーカー ネイチャーラボ
価格/内容量 1080円/480ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 ふけ・かゆみ・ニオイを防いでスッキリ洗浄する薬用シャンプー

薬用として名高いマーロは「デオスカルプ」が人気です。480mlとしっかりとした容量ながら価格は1000円程度と非常に買い求めやすく、コストパフォーマンスに優れた商品です。殺菌作用が高いため、男性にとっては気になる臭い対策は万全、アブラもすっきりとします。ボトルに含まれているのは伝承ハーブと呼ばれる成分です。柿タンニンや緑茶、ホップなどで頭皮環境を改善し、育毛や加齢臭対策にもなっています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(3)スカルプケア 薬用シャンプー

メーカー 熊野油脂
価格/内容量 1050円/600ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 有効成分ピロクトンオラミン配合でフケ・かゆみを防ぐ

スカルプケアの薬用シャンプーは黒いボトルが目を引きます。内容量は600ミリリットルと大容量ながら、通販サイトでは1000円程度で購入できる安さも魅力です。薬効成分のピロクトンオラミンが配合されており、フケやかゆみを防止します。きめ細かい泡立ちにより皮脂や汚れをすっきり洗い流し頭皮環境を整えます。潤い成分もたっぷりと含まれているので、乾燥も防いでくれるすぐれものです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(4)バイタリズム スカルプケアシャンプー ノンシリコーン for MEN

メーカー バイタリズム
価格/内容量 2678円/500ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 毎日のシャンプーで頭皮環境を整える

2018年のメンズコスメ大賞に輝き、4年連続大賞という記録も達成した大ヒット商品です。長く支持されている理由は頭皮に優しい洗浄効果がたっぷりと含まれているから。アロエやキハダ樹皮といった原料が乾燥を防いで潤いを与えます。水溶性と加水分解の二種のコラーゲンが配合されていることもポイントです。洗い上がったヘアにハリとコシが生まれます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(5)モウガ 薬用温感クレンジングシャンプー

メーカー
価格/内容量 1137円/380ml
洗浄成分(界面活性剤) 高級アルコール系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴

毛穴の汚れには温感クレンジングが最適です。この洗い方に適しているのはモウガのプロダクトです。保湿成分であるセンブリやにんじん、ショウキョウといった植物性保湿成分が頭皮を温め、毛穴を開いて汚れを落としやすくします。サポニンという植物も配合しており、汚れ落ちをサポート。濃厚でクリーミィな泡立ちや、フケやかゆみの防止効果も特徴です。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

市販シャンプーとサロンシャンプーの違い

熊倉

市販シャンプー

美容室で購入するよりはるかに安く購入でき、泡立ちもいいし、トリートメントをつければサラサラになるから、わざわざ美容室で高いシャンプーを買うよりも全然いい!と思っている方もいると思います。
ドラックストアなどに行けば種類が豊富だし、なくなっても気軽に購入できるようになっています。しかし、市販のシャンプーの多くは安い分原材料のコストを抑えているため、洗浄力が強すぎる場合があります。泡立ちは非常にいいですが、同時に髪や頭皮にかかる負担も大きくなります。注意して選ばなければお肌が弱い方などは荒れてしまい、フケやかゆみの原因になってしまいます。
市販シャンプーの中でも成分にこだわった髪や頭皮にやさしい商品があるので、それを選ぶようにしましょう!
 

サロンシャンプー

市販のシャンプーに比べれば間違いなく品質は高いです。ただし、デメリットはやはり市販のシャンプーとは逆で値段も高い、これが購入のネックになる1番の理由じゃないでしょうか。内容成分も補修効果が高いものが多く含まれ髪や頭皮への負担も少なく洗うことができます。そして、プロが髪質を判断して選んでくれるのでご自身に必要な成分が入った物を使用することで、髪の悩みや改善したい部分に働きかけてくれる分、効果が実感できます。髪の悩みをしっかり解決していきたい、自分に最適なシャンプーを使いたい、と考えている人はサロンシャンプーを選んで使うことをおすすめします

 
 

評価が高いシャンプーの成分

 

(1)アミノ酸洗浄成分

 
アミノ酸洗浄成分は低刺激で肌に優しく、しっとりとした洗い心地が特徴です。代表的な成分の中身はメチルアラニン、ココイル、ペタインが含まれていることが多く、この3つ以外にも多様な原料が入っています。洗浄力と泡立ちが物足りないこともありますが、現在、市販商品の約7割がなんらかのアミノ酸洗浄成分が使われていると言われています。
 

(2)シリコン・ノンシリコン

 
シリコンとは合成高分子化合物のことで、ノンシリコンとはシリコンが使われていないシャンプーを言います。シリコンには髪をまとめる効果や熱から守る効果がありますが、最近ヘアケア意識の高い人の間で注目されているのはノンシリコンです。髪の毛にボリュームがつけやすく、洗い上がりは軽やかです。何より自然のものが使用されているので安心感も高いでしょう。
 
 

評価の高いシャンプーを使う前に

 
これまで売れているものや美容師からの評価が高いものを紹介してきました。どれも良いものばかりですが、使い方を間違えると効果が薄くなってしまいます。良いシャンプー選びは大切ですが、やはり洗い方というのも同じくらい大切です。ここからは正しい泡立て方からドライヤーでの乾かし方まで細かく見ていきます。どれも小さなことですが、サボらないことで頭皮環境は大きく改善されます。ぜひ、参考にしてみてください。
 

正しいシャンプー方法

 

(1)ブラッシング

 
髪の毛に注意を払っている人でも洗う前にブラッシングをする人は多くありません。細かなことですが、このひと手間で効果は大きく変わります。ブラッシングの目的はホコリや汚れを落とし、水の流れる通り道を作ることです。髪の長い人は毛先を中心にといてください。短い人はオールバックを作るように上にとかしていきましょう。
 

(2)予洗いをする

 
シャンプーを加える前にお湯で事前に洗っておく予洗いも美しい髪を作るポイントです。実は予洗いをすることで約8割の汚れは落ちます。そして、予洗いでも無理な頑固な汚れはシャンプーで落としてしまいましょう。また髪を事前に濡らしておくことで泡立ちにも役立ちます。予洗いの目安は3分とされており、丁寧にお湯で汚れを落としておくことでその後の洗いもスムーズになるでしょう。
 

(3)シャンプーを手で泡立てる

 
ボトルのノズル部分を押すと液体が出てきますが、実は泡立てるには1回で十分です。大切なのは手のひらで時間をかけてしっかりと泡立てること、空気を含ませるようにしてください。目安としては1分間じっくりと泡立てると、ふんわりとした泡立ちが完成します。モコモコとした泡になれば、頭皮の摩擦は軽減されます。逆に泡立ちが足りていないと髪同士が擦れ、ダメージになることもあるので注意してください。
 

(4)やさしく洗う

 
汚れを落とすにはゴシゴシ洗うのが効果的なように思えますが、実はこれは間違いです。強い力が加わると頭皮を傷めますし、髪同士の摩擦により髪の毛にもダメージを与えます。洗うときはやさしくすることを心がけてください。モコモコの泡をふんわりと乗せて、指の腹でマッサージするように洗いましょう。頭頂部は円を描くように、サイドは空気を含ませるように洗うことがポイントです。爪を立てて洗うのは控えてください。
 

(5)しっかり洗い流す

 
もっとも気をつけたいポイントと言ってもいいかもしれません。シャンプーは様々な成分が入っていますが、洗浄力を高めるために刺激の強いものが含まれることも多いため、洗い残しがあると傷みや肌荒れなどの原因となります。また毛穴に詰まったりすれば髪の毛の健康な成長を阻害することもあるため、洗い残しは特に注意しましょう。しっかりとお湯ですすぎ、揉み込むように洗い流します。洗い残しの多い耳の裏や襟足も忘れずに洗います。
 

(6)ドライヤー

 
シャワーやお風呂のあとはキューティクルが開いているので、繊細な状態になっています。これを放置すると傷みの原因となります。また、生乾きは雑菌の繁殖の原因となることもあるので、素早くドライヤーをあてて乾かしてあげてください。ドライヤーの当て方は、まず根本から風をあてます。これによりドライヤー全体の時間短縮につながります。根本の次は全体に当てて、最後に毛先へと移動します。
 
 

まとめ

 
毎日の習慣になっているシャンプーですが、だからこそ間違った使い方をしていると髪の毛にダメージは蓄積されていきます。大切なのは自分にあった髪質の商品を選ぶこと、そして正しい洗い方を実践することです。今回は様々な商品を紹介してきましたが、一つ一つの商品の成分や特徴が多様なことが分かったのではないでしょうか。シャワーやお風呂は毎日するものですから、一度自分のやり方を振り返ってみてください。