【2019年最新】美容師が選ぶパサパサの髪を改善するシャンプー10選

アシスタント
髪の毛がパサパサだと見た目も悪いしスタイルも決まらないし嫌になってしまいますよね。
熊倉
「傷んだ髪を補修してくれるシャンプーにはどのような種類があるのか」、または「どの種類のものを買ったら良いのか」と悩んでいる方も多いかもしれません。
今回はそのようなお悩みを抱えている方向けに、シャンプーの選び方やパサパサ髪の原因・対策についてご紹介をいたします。

 

監修美容師

  • 熊倉祐介

パサパサの髪を改善するシャンプーの選び方

 

(1)ケア成分

髪にうるおいを与えるには、パサつきをケアしてくれる成分が配合されているシャンプーがおすすめです。代表的なケア成分と言えば、ご存知「アミノ酸」です。低刺激なので肌に優しく潤いを与えてくれるありがたい存在なので、パサパサでお困りの方はアミノ酸入りの製品を選ぶのがベストです。アミノ酸は「ココイル○○」と記載されることもあるので、成分表を良くチェックしてみてくださいね。アミノ酸以外では、「メチルタウリン○○」「サルコシン○○」などの成分もケア力が高いことで有名です。
 

(2)保湿成分

パサパサした髪の毛に潤いを与える保湿効果があります。その効果は、保湿成分の代表格であるグリセリンとほぼ同じだと指摘されるほどです。このグリセリンは、肌に塗ると皮膚内部に浸透して柔らかくする特徴を持つため、ほとんどのスキンケア商品に含まれています。髪の毛に塗ることで髪の内部に浸透して保湿して、パサつきや枝毛を防止やダメージ修復できます。乾燥によって引き起こされるヘアケアトラブルを予防するのに、はちみつシャンプーが役立ちます。
 

(3)口コミをチェック

ケアや保湿に力を入れた製品は非常に沢山販売されているので、どれを買ったら良いか迷ってしまいますよね。そのような場合は、使用者の口コミを参考にしてみると自分に合ったものが見つかるかもしれません。口コミをチェックする際のポイントは、極力自身に近い肌質や年代の人のレビューを参考にするように心掛けることです。シャンプーの合う・合わないは体質などによってかわって来るケースはとても多いので、忘れないようにしてくださいね。
 
 

パサパサの髪を改善するシャンプー10選

 

(1)ムコタ アイレ デューン EXシャンプー

メーカー NAKAGAWA
価格/内容量 2552円/700ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン シリコン有り
商品特徴 ハイダメージ毛、過乾燥毛、ごわつく髪、広がりやすい髪に対しても、毛先までなめらかに潤ってまとまる質感を実現

ダメージヘアー専用シリーズとして人気が高い「MUCOTAAIRE」の追加ラインとして誕生した、アミノ酸系のシャンプーです。補修力と保水力の高い成分が高濃度で配合されているので、非常に傷んだ髪もしっとりと纏めてくれます。この製品は洗浄力がマイルドかつ低刺激なので、敏感肌・乾燥肌の人でも使うことができるのが嬉しいですね。髪には、パサつき・広がり・ダメージによるくせ毛・ごわつき・枝毛・切れ毛と多岐にわたり効果があります。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(2)4㎝オリジナル オーガニックシャンプー

メーカー 4cm
内容量 300ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 日々現場でお客様の声を聞き、悩みを解決している美容師がこだわり抜いて独自に開発

天然由来成分を中心に作り上げられた、シリコンフリーのオーガニックシャンプーです。厳選された植物性素材が使われているので、誰でも安全・安心に使うことができます。ノンシリコンのシャンプーは軋みやすいので避ける方もいらっしゃるかもしれませんが、この製品は植物オイルや天然保湿成分をふんだんに配合しているので、驚くほどしっとりとした洗いあがりになります。髪に潤い・コシ・ハリを与えてくれるので、エイジングケアにも効果的だと言われています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(3)インターコスメ アジューダドルチェ ウル シャンプー

メーカー インターコスメ
価格/内容量 2589円/700ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 優しく力強い植物の力で、美しい髪と頭皮を保つ新しいヘアケアアイテム

毛髪補修効果のある天然植物成分が配合された、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。マルラオイル・アルガンオイル・アボカドオイル・クブアスバター・ココナッツオイルの5種類の天然オイルに加え、更にボタニカルエキスを配合しているのでとっても良い香りがするのが特徴的です。香りだけでなくもちろん保湿効果も抜群にあります。カラーリングや脱色で傷んだ髪もしっとりと纏まるとの噂通り、傷んだ髪にも自然の潤いを与えてくれます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(4)デミ ミレアムヘアケア シャンプー

メーカー デミコスメ
価格/内容量 1430円/800ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 天然の植物油からつくられた弱酸性のシャンプー

天然ヤシ油由来の低刺激性シャンプーです。ダメージヘア用のシャンプーはしっとりとした荒い上がりの製品が多いですが、こちらはややさっぱり気味の使い心地が特徴的です。さっぱりとはいえ、きちんと傷んだ髪を労わる成分が配合されており、L.P.P.と呼ばれる天然複合アミノ酸も含まれています。香りがシンプルなグリーン系のものなので誰でも使えますし、量も800mlとたっぷりと入っているので、家族全員で使用しやすいのも助かりますね。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(5)デミ ユントシャンプー モイスト

メーカー デミコスメ
価格/内容量 2400円/600ml
洗浄成分(界面活性剤) 高級アルコール洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 豊富な泡立ちとさっぱり感のあるクレンジングシャンプー

スタイリング剤や無駄な脂もしっかりと落とせる、ノンシリコンクレンジングシャンプーです。こちらはモイストタイプなので、ダメージヘアの方でも使用することができます。ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・加水分解卵殻膜といった保水成分がたっぷりと含まれているので、パサつきをちゃんと抑えてくれます。毎日ハードタイプのスタイリング剤で髪型を作っている方や、頭皮の脂詰まりが気になる方にはこちらのシャンプーがぴったりでしょう。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(6)アリミノ ケアトリコ プリヴィ モイストスリーク シャンプー

メーカー アリミノ
価格/内容量 2618円/シャンプー250ml・トリートメント210g
洗浄成分(界面活性剤) 高級アルコール洗浄成分
シリコン シリコン有り
商品特徴 ダメージを受けた毛髪を修復してくれるシャンプー

ダメージを受けてしまった水分保持機能CMCで修復することに着目したシャンプーです。サロン仕様に近い高級感のある作りとなっており、地肌・髪を共に潤わせる効き目があります。洗浄力は丁度程良い感じなので、しっとりもさっぱりも苦手だという方には特におすすめです。洗いあがりの手触りも、しっとりよりもサラサラに近い感じに仕上がってくれます。保湿成分として、オリーブ油・コラーゲンなどが配合されています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(7)hoyu(ホーユー) プロマスター カラーケア シャンプー

メーカー ホーユー
価格/内容量 1937円/600ml
洗浄成分(界面活性剤) 高級アルコール洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 美しい髪色が続くカラーケアのスタンダードうるおいとまとまりのある髪へダメージやエイジングによる髪のパサつきをケア

カラーリングや脱色で傷んでしまった髪をケアできるタイプのシャンプーです。カラーリングをしたことのある人は、洗髪後に使用したタオルに色が移って「ぎょっ」とした経験が一度はあるかと思います。この製品はダメージヘアをケアするだけでなく、カラー後にありがちな色落ち・色移りも防ぐ作用があるので、綺麗な髪色を保つことが可能になります。普通~太い髪質の人向けという商品説明がありますが、猫っ毛で愛用している方もいるようです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(8)Mogans リッチ&フローラル

メーカー モーガンズ
価格 5154円
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 ふわっとハリのある髪へ

18種類ものアミノ酸が配合されたノンシリコン・オーガニックシャンプーです。ダメージが原因で髪が細くなってしまったという人に最適なのがこちらの商品です。アミノ酸がキューティクルを包み込み細部までを補修してくれるので、細く弱ってしまった髪もしなやかな美しい髪に早変わりさせてくれますよ。成分の99パーセントが植物由来なので、安心して使うことができます。保湿成分だけでなく、香料までも天然のものを使用しているというこだわりっぷりが凄いですよね。
 
公式サイトはこちら

 
 

(9)アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー

メーカー アスタリフト
価格/内容量 2550円/360ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 髪にハリ・コシを与えるシャンプー

ヒト型ナノヘアセラミドという独自の成分を配合しているアミノ酸系の製品です。通常のセラミドは髪の表面に留まりますが、この商品に含まれている「ヒト型ナノヘアセラミド」は20ナノメートルサイズまで縮小されているので、奥深くから直接潤す効果があるんだそうです。特殊なセラミド以外にも、熱や乾燥ダメージから保護してくれるアスタキサンチンや、アミノ酸といった美容成分も配合されているので、贅沢なケアを味わうことができますよ。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(10)コーセー スティーブンノル シャインリペア シャンプー リッチモイスト

メーカー スティーブンノル
価格/内容量 1970円/500ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 クリスタルシャインコート成分配合の、毛先までうるおう、ツヤやかで、しっとりまとまり扱いやすい髪へ

大手化粧品メーカーのコーセーから販売されている、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。高浸透インナーリペアカプセルという「毛髪補修成分」が配合されており、使い続けることで艶やかで健康的な髪にしてくれます。シルクのようにするっとした指通りになるので、「これ本当にノンシリコンなの!?」と感じてしまうこと間違いなしでしょう。摩擦から髪を保護する作用もあるので、今以上にダメージを受けたくない時に使うのもおすすめですよ。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

髪がパサパサになる原因

アシスタント
髪がパサパサになる意外な原因を教えてください!
熊倉
端的にいうと「夏の海、プール」です!

  • 直射日光→紫外線
  • 海・プール→塩素、海水
  • これらはキューティクルのダメージにつながる要素です。夏のお出かけの際にはトリートメント剤やヘアパック剤などでケアをしていきましょう。

    (1)埃

    髪がパサパサになる意外な原因の一つに「埃」があります。埃がキューティクルに付着してしまうと髪が絡まりやすくなり、ダメージを蓄積させてしまう原因になります。「ダメージを受けた髪が静電気を発生させやすくなる」、「静電気で埃が付きやすくなる」、「埃のせいで余計パサつき、静電気が起きやすくなる」と悪循環となってしまうので、何とかしたい所ですね。静電気を抑えてくれるブラシや、ヘアオイルなどのアウトバストリートメントを使用して対策をしましょう。
     

    (2)カットの仕方

    髪を少し切るくらいで美容院に行くのは勿体無いからと、自分でヘアカットをしている方は注意した方が良いかもしれません。実は、ヘアカットが原因でダメージに繋がってしまうケースもあるんです。ハサミの扱いに慣れていない素人が切った髪の断面は粗くなりやすいので、枝毛や切れ毛に繋がりやすいと言われています。ヘアカット専用のハサミを使用していても道具・技術共にあるプロと比べるとどうしても粗くなりがちですので、>髪のパサ付きを抑えたいならば極力美容院へ足を運ぶようにしましょう。
     

    (3)パーマ・カラー

    多くの方が知っていらっしゃるでしょうが、パーマやカラーもダメージヘアーの原因になります。パーマやカラーは薬品を使用するので、どうしても髪は傷んでしまいます。しかし、いくら傷むからと言っておしゃれを諦めるのは難しいですよね。施術時は必ずトリートメントをセットで頼むようにしたり、パーマ・カラー専用のシャンプーを使うといった対策をする事で、ある程度ダメージを軽減できます。髪を傷ませる施術を頻繁に繰り返さないことも大切です。
     

    (4)シャンプー

    自分の肌に合わないものや洗浄力の強すぎる製品を使用してしまうと、シャンプーもダメージの原因になってしまいます。無理に使い続けてしまうと、抜け毛・切れ毛や、頭皮の乾燥・炎症といったトラブルが発生しやすくなってしまいます。特に、肌が弱い自覚がある方は、髪のパサ付きよりも重大な問題が発生するリスクがあるので、注意をした方が良いでしょう。「勿体無いから」といって使わず、必ず使用停止をするようにしてください。
     

    (5)ドライヤーやアイロンの熱

    熱は髪のキューティクルの天敵です。熱で破壊されてしまったキューティクルが自然に元の状態に戻ることは無いので、ドライヤーやアイロンを使用する際は使い方に気をつけるようにしましょう。使用の際は、熱から保護する効果のあるアウトバストリートメントやスタイリング剤を塗布することを推奨します。また、アイロンやコテを水で濡れた状態の髪に使うと、髪の中の水分を蒸発させてしまう作用があるので、必ず乾いた髪に使うようにしてください。
     
     

    シャンプー以外でパサパサの髪を対策する方法

    (1)髪への刺激を抑える

    髪は刺激を受けるとキューティクルが傷ついてしまうので、極力ダメージを避けるのが大切です。「お風呂から上がった後に濡れたまま放置」したり、「紫外線」もダメージになってしまいますので、注意しましょう。しっかりと髪を乾かす、外出する時はUV保護効果のあるスタイリング剤や帽子の着用をするなどして対策をしてください。ロングヘアーの方は、寝具との摩擦で傷んでしまうケースもあります。寝るときはナイトキャップを使うか、軽く縛るようにしましょう。
     

    (2)トリートメントでケア

    髪は死んだ細胞のようなもののため、一度傷んでしまうと勝手に治ることはありません。パサついたまま放置してしまうと悪化する一方ですので、内部からケアをしてあげるのが大切です。内側を修復するには、奥深くまで栄養と潤いを届けてくれるトリートメントを行うのが最適です。傷み具合にもよりますが、週に1~2回を目安にケアをしてあげてください。毎日忙しくてトリートメントをしている余裕が無いという方は、アウトバストリートメント(洗い流さないもの)を使うのがおすすめです。
     

    (3)シャンプー前にブラッシング

    髪が絡まった状態のままシャンプーをしてしまうと無駄な摩擦が発生するので、ダメージへ繋がってしまいます。お風呂に入る前は軽くブラッシングを行い、絡まりを整えるようにしましょう。ブラッシングは絡まりやすい毛先からはじめて、徐々に上へ向かって行くとスムーズに行いやすいですよ。この際にブラシを少し斜めにして頭皮に当たるようにすると、マッサージ効果も得られるのでおすすめです。これは誰でも簡単に対策可能な方法ですので、パサつきに悩んでいる方はすぐにはじめてみてはいかがでしょうか。
     
     

    まとめ


    以上、パサパサの髪におすすめのシャンプーの選び方と対策についてのご紹介でしたが、いかがでしたか。ダメージヘアー改善の参考になれば幸いです。昔の安いシャンプーは刺激が強くすぐに髪が軋んでしまったものですが、今では三千円以下のお手頃価格でも良い質の製品は沢山あります。大金をかけなくても手間と時間をかけて丁寧なお手入れをすれば、きっと綺麗なサラサラヘアーになれますよ。まずは自身が出来る範囲からで良いので、コツコツとはじめてみましょう!